会社設立の創立費用

会社設立し、運営するためには、多くの費用が必要になります。その費用のことを会社設立費用と言い、開業費と創立費という二つの項目に分けられています。会社設立のための規則を作成する費用や手数料、会社を登記する際に必要になってくる使用人の費用などが創立費です。創立費は、設立登記を終えるまでにかかる費用のことを言います。

オフィス会社を設立したとしても、すぐに事業を始められないことが多いです。なぜなら、オフィス内の設備を整えることや、会社のHPなどを立ち上げることも必要になるからです。これらを行う際に使用した費用は開業費です。設立登記が完了した後にかかった費用は開業費となります。

創立費は会社ができる前に必要になった費用ですので、会社の経費に計上できないと考えている人も多いかもしれませんが、実は経費として計上することも可能です。計上するためには、会社を設立した時の定款へ記載する必要がありますので、覚えておくようにしましょう。ただし、例外もありますのでしっかりと確認することが重要です。

また、創立費は繰り延べ資産としてとらえることもでき、会社の経営状況に合わせることも可能ですし、収益を見ながら償却することは、節税につながっていくことにもなります。会社を続けていく上で創立費を経費として計上することは、経営者として賢い方法といえます。創立費の範囲というのは意外と広いので、税理士に相談をしながら、経営していくことがおすすめです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket