会社設立の開業費用

会社を開業するために必要となった開業費も経費として計上することが可能です。開業費は開業の準備のために必要になった費用で、会社設立後に仕事がスタートするまでに必要になる費用ですが、営業開始後の費用でも開業に必要な経費であることが証明できれば開業費として計上することができます。

帳簿開業費とは、広告宣伝のための費用、交通費、事務用品などの費用、サラリー、各種保険の費用などが該当します。また、土地や建物の賃借料や水道・電気代などの費用も開業費として計上することができます。開業の際に必要となった経費の領収書は全て帳簿付けし、開業日より前のものか後のものか把握できるようにしておきましょう。科目についても間違えないようにすることが重要です

開業費も創立費と同様に会社が赤字の時に計上しても節税とはなりませんので、会社が黒字の時に計上することが大切です。開業費の計上についても期限が設けられている訳ではありませんので、経営者の判断で好きなタイミングでそれを計上することが可能です。計上に際しては出費を証明するための領収書が必要になりますので、あらかじめ開業費として計上可能な出費については領収書をなくさずに保管しておくことがおすすめです。また、開業費と創立費を混乱しないようにすることも肝要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket